お金がない!どうする?金欠時の役立つ対処法を全部教えます!

お金がない・・・

金欠で給料日まで何とかしのがないと・・・

金欠でお金がない、そんな体験をされたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

何をするにしてもお金は必要なもの。

普段の生活でお金のやりくりを上手くやっていても、事情によってお金が足りなくなる状況に出くわすことは珍しくありません。

お金がないと気持ちばかりが焦ってしまい、冷静な判断ができず本来やらなくて良いことに手を出してしまい後悔することにもなりかねません。

お金がないときこそ、気持ちを落ち着けて冷静に物事を判断して対処法を考えましょう。

今回は、お金がないときにできる対処法を解説していきます。

お金が無い!【緊急度MAX】カードローンでお金を借りる!

「今日中に支払わないといけないものがある」

「給料日まであと1週間、何とかしのがないと・・・」

こんな経験をされたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

お金がないときに限って、今日明日など急ぎでお金が必要なんてことも多いもの。

親や兄弟にお金を貸してとお願いすることもできますが、なかなか頼みづらいこともあるでしょう。

そんなときに頼れるのが、カードローンです。

消費者金融や銀行などが取り扱っている融資商品の一つで、文字通りカードを使ってコンビニやATMでお金を借りる方法です。

カードローンは怖いものではない

お金がないけど急に現金が必要になったとき便利なのがカードローンです。

しかし、カードローンの存在は知っていても「借金するのには抵抗がある」とか「周りの人にバレてしまうのでは」と不安に思っている人もいるでしょう。

カードローン=怖いもの

そんなイメージを持たれる方は多いですが、決してそんなことはありません。

  • 正規の金融業者を利用すれば怖い取り立てはない
  • 申し込んだその日にお金を借りることも可能
  • 無利息期間を利用すれば利息無しで借りることも
  • 家族や職場の同僚に内緒にすることも可能

カードローンの基本的な知識を抑えていれば、上記のようなメリットを享受してお金を借りることもできるのです。

今日中にお金を借りるなら消費者金融がおすすめ!

カードローンと聞いて真っ先に消費者金融を思い浮かべる方は多いでしょう。

カードローンは主に消費者金融と銀行が扱っている融資商品で、より手軽にお金を借りることができるのは消費者金融のカードローンです。

消費者金融カードローンの最大のメリットは、お金を早く借りることができることです。

カードローンを利用するにも審査と手続きがあります。

消費者金融なら、最短1時間ですべての手続が完了しお金を借りることも可能です。

消費者金融は早くお金を借りられる分、金利は高めです。

しかし、業者によっては無利息期間というサービスを提供しており、このサービスを上手く使えば利息なしでお金を借りることも可能です。

また、借金するうえで周りの人にバレないか心配される方も多いです。

これに関しても、消費者金融なら職場への電話や自宅への郵送物を避ける方法もあり、周囲に内緒でお金を借りることもできるのです。

低金利でお金を借りるなら銀行カードローンへ!

カードローンでお金を借りるにしても、できるだけ利息は抑えたいという方も多いでしょう。

そんな方には、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンに比べて低金利です。

銀行カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
りそな銀行カードローン 3.5~12.475%
消費者金融カードローン 金利(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%
アコム 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%
モビット 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%

上記はあくまで一例ですが、基本的には銀行カードローンのほうが金利は低い設定となっています。

金利が低ければその分、返済する際に必要な利息は少なくて済みます。

返済負担を少なくし、賢く利用できます。

ただし、銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べると手続きが完了するまでに時間がかかります。早くても1週間程度はかかると思ってください。

銀行カードローンでは即日でお金を借りることはできませんので、時間に余裕があって計画的に借り入れを考えている方におすすめの方法です。

審査なしでお金を借りることは可能なのか?

基本的にお金を借りるには審査を受けなければいけません。

審査に通らなければ当然お金を借りることはできません。

しかし、中には審査なしでお金を借りる方法もあります。

例えば・・・

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 生命保険の契約者貸付制度

これらの方法は、条件をクリアさえしていれば審査なしでお金を借りることも可能です

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードをお持ちの方は多いかと思いますが、カード申し込み時にキャッシング枠を付けているでしょうか?

もし、既にお持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いているなら、すぐにコンビニのATMなどでお金を借りることができます。

クレジットカードを作るとき、一緒にキャシング枠の付帯も申し込んでいれば、カード会社はそれも含めて審査し、クレジットカードを発行しているからです。

そのため、キャッシング枠を使ってお金を借りるのに再び審査を受ける必要はありません。

もし、手持ちのクレジットカードにキャシング枠が付いていなくても、後からつけることは可能です。

キャシング枠を希望する場合は、カード会社に電話で「キャッシング枠をつけてください」と伝えましょう。

ただし、この場合は審査が必要となります。

ショッピング枠とは別に、カード保持者の返済能力に問題ないか見定めたうえで、キャッシング枠をつけるかどうか判断されます。

無事、審査を通過した場合は、早ければ当日~翌日にはキャッシング枠が付帯され、お金を借りることができるようになります。

お持ちのクレジットカードをそのまま使うことができ、新たにカードを発行する必要はないので手間も時間もかかりません。

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる

生命保険でお金を借りると聞くと、今契約している保険を解約しないといけない・・・と思っている方もいるかも知れません。

しかし、契約者貸付制度は生命保険を解約せずにお金を借りることができるので安心してください。

契約者貸付制度を利用できるのは積立型の生命保険のみとなり、解約返戻金の範囲内で審査なしでお金を借りることができます。

貸付なので金利はかかりますが、おおよそ2.0%~8.0%なのでカードローンよりも低金利です。

契約している保険会社に電話で申し込み、必要な手続きを済ませれば1週間~2週間程度でお金を借りることができます。

保険会社によっては最短即日で借りることもできますが、基本的には1週間前後かかると思っておいたほうが良いです。

不用品を売ってお金を作る方法

お金がないときの対処法として不用品を売るという方法があります。

洋服、アクセサリー、バッグ、本、家電製品などなど身の回りに使っていないもの、不要なものがあるなら現金に換えてみてはどうでしょうか。

一番手っ取り早く現金を手に入れることができる方法とも言えるでしょう。

ただし、よほど価値があるものでない限り高額買い取りは期待できませんので、自分が希望する金額を手にするのは難しいと思ったほうが良いです。

時間的余裕があるなら、オークションやフリマアプリなどに出品して売るほうが高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

できるだけ早く現金が必要という場合は、リサイクルショップで買い取ってもらうしかないでしょう。

その場合、先述したとおり高額買い取りは期待できないことは覚悟しておきましょう。

質屋ならお金を借りることもできる

売ればある程度のお金になる物を持っているけど手放したくない、という方は質屋の利用を検討するのも良いでしょう。

質屋は品物を買い取ってもらうだけでなく、品物を担保にしてお金を借りることもできるのです。

もし、借りたお金を返済できない場合は担保にしている品物を手放すことになります。

これを質流れと言います。

質屋の場合、返済できないと質流れで預けていた品物を失いますが、これで完済扱いとなります。

通常、金融機関でお金を借りた場合、返済に遅れると・・・

  • 督促の電話がかかってくる
  • 遅延損害金が発生する

このようなことがありますが、質屋では一切ありません。

また、質屋では預けた品物の価値に応じた金額を借りることができるので、審査はありません。

仮に、信用情報が傷ついていてブラックリスト入りの状態であってもお金を借りることができます。

お金を稼いで工面する方法

現金が必要だけどお金を借りるのは絶対に嫌だという方も少なくないはず。

それであれば、自力で稼いでお金を作ることを検討することをおすすめします。

日雇いアルバイトでお金を稼ぐ

日雇いアルバイトは、働いたその日のうちに給料を受け取ることができるのが最大のメリットです

しかも、日雇いアルバイトの多くは誰でもできるような簡単な作業で様々な仕事が用意されています。

倉庫内での仕分けや検品作業等の単純作業もあれば、交通誘導や警備など体力に自身がある人向けの作業などあります。

タウンワークバイトルなどネットで自分にあった日雇いアルバイトを探すことができるので、ぜひ試してみてはどうでしょうか。

クラウドソーシングでお金を稼ぐ

クラウドワークスランサーズなど、クラウドソーシングと呼ばれるサービスを利用して自宅にいながらお金を稼ぐことができます。

登録されている企業や個人から依頼を受けて仕事を行い、成果に応じて報酬を得ることができるというものです。

仕事内容は多岐に渡り、アンケートに答えるだけの簡単なものからWeb制作やデザインなど専門スキルを要する高度なものまで様々です。

当然ながら、簡単なものは単価が非常に安く数をこなさないといけませんし、逆に単価が高いものは誰でも応募できるものではありません。

短期間で希望する金額を稼ぐことができるかどうかは人それぞれと言えます。

専門スキルを持っている、強みがあるという方は、一度各クラウドソーシングのホームページを除いてみると良いでしょう。

治験バイトでお金を稼ぐ

厚生労働省の指導のもと、国から商品を得るために実施される臨床試験のことを治験と言います。

医療で使用される新薬の開発や効き目、安全性を確認するために、それらの薬を試す被験者になるアルバイトです。

治験には短期のものと長期のもの2種類あります。

短期の治験だと、通院で10,000円前後、入院なら15,000円前後が相場となっています。

長期の治験の場合は、数十万円単位で協力費をもらうことも可能です。

中には50万円以上稼げる案件もあり、多額のお金が必要になった場合は選択肢の一つとして考えるのも良いでしょう。

ただし、長期の治験では様々な制約があるので、その点を十分考慮したうえで行うようにしてください。

長期的にお金がないなら国の制度に頼る

これまでは金欠で一時的にお金が困った場合の対処法についてご紹介してきました。

しかし、中には一時的ではなく長期的にお金がない、もしくはそうなる恐れがあるという方もいるでしょう。

そうした長期的にお金がない状態の人には、上記で紹介した方法で対処するのは難しいです。

  • 収入が少なくお金に困っている
  • 失業して収入がない
  • 働きたくても病気やケガで働けない

このような事情があって金欠で困っているなら、国の公的支援制度を利用することをおすすめします。

本当にお金に困ったら国の公的支援制度で対処できないか検討してみましょう。

収入が少なくお金に困っている

働いて収入はあるけど、最低生活費に満たない収入しか得られていないという方は、生活保護という公的制度を利用できないか検討してみましょう。

また、病気などの理由があって働くめどが立っていなくて生活が困窮している方も、迷わず生活保護受給を考えてみてください。

生活保護制度は、

  • 資産は可能な限り処分する、金銭に換える
  • 身内から援助を受けられないか相談する
  • 可能な範囲で働く

このように、あらゆる手を尽くしても生活を維持できない場合に、生活保護を申請し受給することができるようになる制度です。

受給条件は決して甘くないですが、生活保護は私達に与えられた権利の一つです。

誰もが予測していない不幸が身に降りかかる可能性があるわけですから、利用できる可能性があるなら迷わず利用しましょう。

まずは、お住まいの地域の福祉事務所に相談されることをおすすめします。

失業して収入がない

失業して収入がない、そんなときは失業保険を給付しましょう。

雇用保険の失業給付のことを失業保険と言い、失業~再就職するまでの当面の生活費や、就職活動に必要な費用を国が支給してくれます。

失業保険には条件があり、自己都合退職と会社都合の退職で異なりますので注意してください。

【自己都合の退職の場合】
・正当な理由で退職した 離職した日より前の1年間に、雇用保険の被保険者期間が半年以上ある
・自発的な理由で退職した 離職した日より前の2年間に被保険者期間が半年以上ある
【 会社都合の退職の場合】
離職した日より前の1年間に、雇用保険の被保険者期間が半年以上ある

また、失業保険は条件や状況次第で給付額と給付期間が変わってきます。

失業保険は、自宅住所を管轄するハローワークで手続きします。詳細はハローワークで確認するといいでしょう。

病気・ケガで収入が得られない

病気・ケガにより働くことはもとより、日常生活を送ることもままならない状態にある場合は障害年金を検討しましょう。

貸付ではなく給付ですから返済する必要はありません。

また、条件をクリアしていれば働いている人でも受給することができます。

障害年金を受給するには、次の条件を満たしている必要があります。

障害の原因となった病気やケガの初診日の時点で次のいずれかの間にある
・国民年金もしくは厚生年金いずれかの被保険者
・20歳未満
・国内在住の60歳以上65歳未満で年金制度に加入していない期間
・一定保険料の納付要件を満たしている
・障害の状態が、障害認定日もしくは初診日が20歳未満の場合、20歳時点で等級に該当する

障害年金に関しては、国民年金機構のホームページで詳しく解説されていますので、詳細を確認してみてください。

お金がないからこそ注意したい3つのこと

お金がないときは、どうしても焦ってしまい冷静な判断ができないこともあります。

そのため、間違った対処法でお金を作ろうとしてしまいがちです。

お金がないときでも次の3つの方法でお金を用意するのはやめましょう。

闇金からお金を借りる

「誰でもすぐ借りられる」「審査なし即日OK」など、誰でも簡単に借りれると思わせるような張り紙や広告を見たことがある方もいるかと思います。

しかし、このような謳い文句をしている業者は、ほぼ間違いなくヤミ金融業者ですから、絶対に借りてはいけません。

闇金は法外な利息(トイチやトゴ)でお金を貸し付けます。

たった一度でも借りてしまえば、利息は雪だるま式に膨らんでいき、完済は困難となります。

また、返済に遅れると自宅へおしかけて催促したり、嫌がらせをするなどして精神的に追い詰めようとしてきます。

ヤミ金融業者からお金を借りて多重債務や自己破産する人が後を絶ちません。

どんなにお金がないときでもヤミ金融業者からお金を借りるのは絶対にやめましょう。

クレジットカード現金化でお金を借りる

クレジットカードの現金化とは、カードのショッピング枠を使って購入した商品を売って現金にする方法です。

中には、クレジットカード現金化を斡旋する専門の業者もあるくらいです。

クレジットカード現金化は、厳密には違法ではないですが限りなく黒に近いグレーな手法です。

そもそも、クレジットカード現金化は、カードの利用規約に違反する行為です。

もし、クレジットカード現金化がカード会社にバレた場合、

  • カードの利用停止
  • 利用代金の一括請求

といったリスクがあります。

違法ではなくても、リスクしかない方法ですからクレジットカード現金化に手をだすのはやめましょう。

友達からお金を借りる

お金借りたい!と思っても、個人間でのお金の貸し借りはトラブルのもと。

大切な友人関係にヒビが入り、最悪の場合は絶交されてしまうことも。

金の切れ目が縁の切れ目というように、一度失った人間関係が修復するのは困難です。

どうしてもお金を借りる必要がある場合、まずは親や兄弟に相談してみましょう。

また、個人間でお金の貸し借りするとなった場合は、必ず借用書を書くようにしてください。

相手に信頼してもらうためだけでなく、万が一トラブルになったときに役立つからです。

お金がない金欠時の対処法まとめ

以上、お金がないときの対処法についてでした。

お金がないと、気持ちに余裕がなくなり冷静な判断ができず間違った方法をとってしまいがちです。

後になって「この方法にすれば良かった・・・」なんて後悔しないためにも、

  • お金を工面するにはどんな方法があるのか?
  • 今の自分に一番最適な方法はどれか?

この2つを冷静に見極めることが大切です。

お金に困ったときは、今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。