1. ホーム
  2. 税金
  3. ≫節税のための車買い替えとは?固定資産税と減価償却について解説!

節税のための車買い替えとは?固定資産税と減価償却について解説!


個人事業主の中に車をよく買い替える人がいますが、その理由は「節税」です。

つまり、税金を納める代わりに車を購入するのですが、現在の車にまだ固定資産税としての価値が残っているとより効果的です。

固定資産税の売却損とは?

例えば、帳簿価額が150万円の車を社有車として使っていました。

その車を査定に出したところ、下取り価格が70万円だったとします。

その場合は、帳簿価格150万円ー売却額70万円=80万円となります。

そうなると、会社が所有している150万円の価値のあるものを70万円で手放すことになるため、「80万円の固定資産税の売却損」が出ます。

従って、80万円を損金で落とせることになり、その分の税金を少なくすることができます。

なお、150万円の価値のある車を70万円で売却したら80万円の損が出るため、いくら税金が安くなるからといって結局損することに変わりはない、と言う人がいますが、「損」はあくまでも帳簿上だけの話で、会社のフトコロは全く痛みません。

当然、下取り価格が帳簿価格よりも高い180万円だった場合は、損金どころか利益が出て課税の対象になります。

車の減価償却費年数とは?

車の減価償却は以下になっています。

  • 普通車:6年
  • 軽自動車の場合:4年
  • 中古車:2~5年
クルマを買い替えると当然、新しい車の「減価償却費」も経費として計上することができます。

減価償却というのは初年度が一番高く、だんだん段階的に減っていきます。

そして、車を買い替えた年は以前使っていた車の売却損があり、新しい車の初年度分の減価償却費が出ることで、多額の経費を落とすことができます。

定率法と定額法

減価償却には「定率法」と「定額法」があり、今回のような節税に効果があるのは定率法ですが、個人事業主の場合は原則的に定額法のため、定率法を採用するには事前に届出が必要です。

・定率法:期首価格×償却率で算出するため、年を経るごとに償却費が減っていきます。

・定額法:毎年、同じ金額を償却していきます。

車の買い替えで得するテクニック

車の買い替えで「得する」ためには以下のことが条件になります。

  • 古い車の「下取り価格」をなるべく低くしてもらう
  • 新しい車の「値引き額」をなるべく大きくしてもらう
車の買い替えでより得するテクニックとして、いつも利用しているディーラーに協力してもらう方法があります。

それは、下取り価格をより安くしてもらい、その分を新車の値引き価格に回してもらうことです。

下取り価格が低ければそれだけ帳簿上の「固定資産売却損」が大きくなり、法人税を安くできます。

そして、新車の購入価格が値引きによって下がれば、「自動車取得税」が少なくなります。

ディーラーにしてみれば、下取り価格だろうが、値引き額だろうが、受け取る金額に変わりはないため、取引のあるディーラーなら依頼を受けてくれるはずです。

ただし、あくまでも市場価格の範囲内でないと、税務調査でチェックされることになります。

この方法を採れば、数年に1回ずつ好きな車を乗り替えてゆくことも可能です。

ただ、通勤用としてベンツやレクサスなら問題ありませんが、フェラーリやポルシェは通勤車として認められない可能性があります。

いずれにしても、会社に利益が出ていないと意味がありません。

なお、いくら節税になるからといって、必要もない車を購入するのは無駄遣いでしかありません。

また、従業員がいる場合、従業員のためにお金を使わないで社長だけが良い思いをしていると、従業員のモチベーションの低下につながりかねません。

銀行などでお金借りるなどして、資金があるならば、福利厚生の充実や、食事などに連れて行くことが大事です。